架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る5…釣り掛け駆動。

京電は、架空の模型鉄道です。

 

釣りかけ駆動の高速電車に乗りたい。

そう思い、何度か通った名鉄瀬戸線

6750系、車体は新しいのに

下回りが旧型電車流用のアコモ改造車

なのである。

残念ながら、現在は、新車に置き換え

されて現存していませんが、子供の

ころに乗った釣りかけ駆動の高速電車を

堪能できるので、大阪から何度か通いました。

釣りかけ駆動独特な油の匂いと乗車時の揺れは、動画やビデオでは感じることはできません。

音だけは、動画なので観ることや聴くことはできるのですが…

写真は、2005年ごろかな?

喜多山駅にて撮影、名鉄6750系1次車。

f:id:BMbitman:20181226202251j:plain

この名鉄6750系の瀬戸線の運用、

ラッシュ時だけでなく、平日、休日、

昼間にいつでも稼働していたので、

何本か電車見送れば乗ることが

出来ました。

急行、準急、普通と分け隔てなく運用

されていたのも面白く、急行では、

最高速度80㎞/hの釣りかけ駆動高速の

うなりと振動が体験できました。

 

京電でも釣りかけ駆動の電車が大半

なので、この名鉄6750系のような

感じで走行していると妄想しています。

しかし、釣りかけ駆動の冷房車や

アコモ改造車は、現在の京電では、

存在無く、幻の京電しかありません。(5090系など)