架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る24…電車の顔

京電は、架空の模型鉄道です。


f:id:BMbitman:20190204192629j:image

京電の車両デザインが古く1950年代の

顔になっています。

前面の車掌側が、二段窓というのも、

京阪の影響を強く受けています。

種車は、当時、GMの東急3700系キット

しか、18m級の私鉄形旧型車のキットが

なく、私自身好ましいと思って

採用しました。

残念ながら、実物の東急3700系には、

一度も乗車することはできませんでした。

前面上部を張り上げた顔を始めて

採用したのが、京電1600系からです。

写真は、左から1000系と1600系。

f:id:BMbitman:20190204193625j:image

オリジナルデザインで、新しいタイプを

考えていたのですが、京阪600系630形の

顔に近いデザインでしたので、そのまま

採用しています。

f:id:BMbitman:20190204214046j:plain

京電のハンサム電車として、活躍して

います。

しかし、1両しか製造されず、次の

2000系大量増備へ計画が移行されて

しまいました。

オリジナルデザインから、京阪の車両

デザインをそのままとする傾向に…

色々、計画をするのですが…

なかなか進まないですね。

京阪の特急車1900系も、京電仕様で

計画がありましたが、あまりにも

特徴の強い車両なので、今のところ、

計画断念しています。