架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る35…運転間隔

京電は、架空の模型鉄道です。


f:id:BMbitman:20190309083308j:image

列車の運転間隔、お客様の立場なら

運転本数が多く、間隔が短いほうが、

利便性から好ましいことですが、

鉄道経営からは、費用対効果を

考えると、難しいものになります。

乗務員の手配、電気代、人件費などを

考えていかに効率よくお客様に

サービスできるか…

 

子供の頃、地元の鉄道の能勢電は、

20分間隔で、乗り遅れると、

次の電車で待つのが長く感じました。

現在は、阪急との連絡で、10分間隔に

なっています。

 

京電では、住宅地と都心を結ぶ、

本線は、最長15分間隔を維持、

支線は、観光地輸送なので、

30分間隔としています。

支線の観光シーズンには、

臨時で列車本数を増やすよう、

臨機応変で対応するように

しています。

 

写真は、臨時特急運転時の風景。
f:id:BMbitman:20190309083348j:image