架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る50…車内の壁紙。

京電は、架空の模型鉄道です。

 

写真は、仕事帰りに乗車した、

北急8000 系ポールスターです。
f:id:BMbitman:20190413192055j:image
阪急系なので、同じ木目柄を

採用しています。
f:id:BMbitman:20190413192041j:image

写真は、先日乗車した、阪急8000系8102号車の車内。

木目調の壁紙のクロスシート車です。

f:id:BMbitman:20190413222714j:plain

京電も子供のころから親しみのある、

阪急にならって、木目柄を採用しています。

写真は、京電1520系1521型、車内は

明るい木目柄です。(阪急電車のイメージ)

f:id:BMbitman:20190413211047j:plain

旧型電車は、壁が木製なのでニス塗になり、

濃い茶色の木目調になっています。

写真は、京電800系(室内のイメージは、京阪1300系)

f:id:BMbitman:20190413211542j:plain

阪急沿線で育った私は、ほかの私鉄に乗ると、

室内の壁紙が違うので、より阪急の木目調が

質の高い感じを醸し出しているんだと

強く感じます。

 

阪急の人気は、車両の質の高さなのかもしれません。

 

京電は、積極的にいいものを採用していこうと思います。

 

★おかげさまで、今回で「京電を語る」

50回達成しました。

最初は、20個ぐらい書いたらネタ切れると

思っていましたが、50個書いてしまいました。

どこまで、続くのか…?

 

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。