架空の鉄道③京電と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る53…過去の記録、平成8年(1996)7月30日の運転会

京電は、架空の模型鉄道です。

 

今から23年前の模型運転会での京鉄

(現在の京電)の車両たち。

吹田公民館で友人らと鉄道模型運転会実施。

f:id:BMbitman:20180922113602j:plain

向かって左から、

1201
京阪から借用5553-5153-5253-5653

5012-5112-5122-5512

3001-3101-3601-3501

1501-1531-1581-1511

701-751-821-871

801-881-831-811

f:id:BMbitman:20180922110429j:image

友人に譲渡前の京鉄700系の写真が

出てきました。(右から2番目、前2両)

 

この当時、トミーテック鉄道コレクション

無く、私鉄の18ⅿ級旧型電車といえば、

GM東急3700系ぐらいしか、プラモデルの

キットはありませんでした。

 

昭和55年ぐらいの昇圧前京阪をイメージした

鉄道にしていたと思います。

 

当時、完成品の京阪の模型といえば、昔の

エンドウから製品化された、3000系と5000系

しかなく、高額プレミアム品となっていました。

 

エンドウの模型だったので、白テープで巻き、

いつでも元の京阪に戻せるようにしていました。

 

その後、トミーテック鉄道コレクションが、

次々と発売となり、現在の京電、昭和45年(1970)

ごろの高度経済成長期を表現するように、

旧型車両を次々登場させ、時代を

さかのぼっています。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。