架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る58…カラーブック京阪

bmbitman.hatenablog.com

京電は、架空の模型鉄道です。
f:id:BMbitman:20190425174538j:plain
懐かしい、カラーブックスの京阪、
昭和56年(1981)発行で、
今から38年前の本です。

当時、消費税もなく、500円
ちょうどで買えました。

値段よりも、本の内容がすごい!
当時、私鉄の各会社の専門誌といえば、
鉄道ピクトリアルの年2回の増刊号
しかなく、京阪については、10年以上前に
発売した281号だけで、もちろん完売、
入手困難な本でした。

近鉄から始まったカラーブックス
私鉄シリーズは、発売出版社、保育社
倒産するまで何回も発売される
人気シリーズとなりました。

写真は、2012年10月淀屋橋駅にて。
f:id:BMbitman:20190429075745j:plain
f:id:BMbitman:20190429075747j:plain
この本の内容は、昇圧前の京阪で
京電の初期、旧京鉄時代を
描いたような、いい時代の本です。
f:id:BMbitman:20190423224132p:plain
今も大事に、手に届く机の棚に
置いています。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。