架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る72…駅構内踏み切り

京電は、架空の模型鉄道です。

写真は、叡山電鉄宝ヶ池駅
構内踏切です。
f:id:BMbitman:20190513060358j:plain
子供の頃、よく乗った能勢電の駅に
構内踏切があり、その後、減ったので
なつかしく思います。
今も、絹延橋駅多田駅には、あるのですが、
昔は、ほとんどの駅にありました。
川西能勢口、滝山、鶯の森、鼓が滝、平野など)

写真は、阪急南方駅の踏み切りです。
f:id:BMbitman:20190512225835j:plain
駅構内の踏み切りではありませんが、
昔からある駅出入り口付近の踏み切りで、
昭和の感じがよく出ています。

京電でも、ミニレイアウト、ジオラマ
検討していまして、京電支線の駅を
作成しよう考えています。

構内踏み切りを表現した、
昭和時代の駅を作りたいと
思っています。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました