架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る73…京電500系登場物語。

京電は、架空の模型鉄道です。

写真は、単行で走行する501。
f:id:BMbitman:20190513075159j:plain
f:id:BMbitman:20190513075246j:plain
片方向だけ、ホロ無しにしています。
原型の顔を残すため。
f:id:BMbitman:20190513075313j:plain
この500系、先に登場したのは、
片運転台の600系でした。

その600系を両運転台にしたら、
かっこいいのではと。
f:id:BMbitman:20190515134728j:plain

写真は、502(撮影のため通常の逆向き)。
f:id:BMbitman:20190515082912j:plain
f:id:BMbitman:20190515082817j:plain

時代をさかのぼる京電の設定に、
ぴったりの構想でした。

タネ車両は、鉄コレの小田急1600です。
関西系の京電としては、プレスドアだけが、
気にいらないところですが、
ここを改造してもらうにしても、
大幅に時間とコストがかかるので
見送りにしました。

現在の活躍は、両運転台の使い勝手の
良さから、単行運転、501-502での
2両運用、他形式の混結などで
4両編成による、京電本線運用も
おこなっています。

末期運用になると、京電本線にて
501-502-602-652
で4両編成に組成されています。
写真は、4月の運転会での走行シーン。
f:id:BMbitman:20190514064531j:plain

ただ、56両体制の現状より、時代が、
進むと、小型車両淘汰の流れになり、
大型車両に置き換えされてしまう事に
なります。
(今は、時代進化拒否していますが…)


最後までご覧いただき、
ありがとうございました。