架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る78…阪急(保育社私鉄の車両)

京電は、架空の模型鉄道です。

 

持っている鉄道の本の紹介記事も

このコラムで続けています。

今回は、阪急、保育社私鉄の車両です。
f:id:BMbitman:20190519210146j:image

この保育社私鉄の車両シリーズは、

当時、私が、高校生の時に、毎月順次、

発売となったシリーズでした。(全24巻)

 

興味のなかった私鉄も順次買い、全巻今も

持っています。

 

その中でも、阪急は、お気に入りの巻。

 

表紙は、今はなき、阪急6330形、

先頭Wパンタの6300系列として

最後に登場しました。

 

阪急の中でも最も好きな1010系が、

最後の活躍と書かれています。

 

色々な、鉄道の本を眺めながら、

京電のオリジナル電車は、

こんなのがいいとか、

妄想、想像しながら考えていました。

 

しかし、構想とおりの車両を作るにも、

Nゲージのタネ車になるものがなかったり、

私自身の車両工作技術が未熟で、

できなかったり…

あきらめることが多かったです。

 

それでも、少しづつ前に進んできました。

協力してくれる友人も現れました。

そして、今の京電があります。

 

これからも少しづつでいいから、

前に進んでいこうと思います。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。