架空の鉄道③京電と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る92…京阪借入車1001-1501-1101登場物語。

京電は、架空の鉄道です。

 

今回は、京阪借入車1001-1501-1101の

登場物語です。

 

不足する京電の運用車両を、

急遽、1965年ごろ、京阪から

借入れたという前提です。

しかし、数年で

返却されるという短命の

設定になっています。

 

最初は、両運転台の500系

増結する2両編成で活躍します。

 

写真は、501-1101と1001-502。

f:id:BMbitman:20190615202004j:plain

写真は、上記の反対側502-1001と1101-501。

f:id:BMbitman:20190615201952j:plain

車庫で休車中の1501。

f:id:BMbitman:20190615201944j:plain

1001-1501-1101の3両が活躍する時は

まだ、1000系も1100系も1500系も

登場していません。

(形式ダブりますから)

最後の活躍は、京電本線で、

1001-921-1501-1101

の4両編成になります。

f:id:BMbitman:20190615203943j:plain

京阪側で流線形1000系が、700系への

更新工事で必要となり、数年で返却

された設定になっています。

 

数年間借り入れた間に、京電の車両

増備(800系、900系、920系、1200系

が進み、不足していた運用車両の

補充に貢献した車両でした。

 

京阪借入車のために、白帯は入れず、

京阪塗装のまま活躍となりました。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20190615記事作成。