架空の鉄道③京電と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る99…京電博物館?

bmbitman.hatenablog.com

架空の鉄道、京電です。

 

電博物館をネットで創る?

 

先日、訪問した京都鉄道博物館

架空の鉄道、京電で博物館で

創ったらどうなるか?

考えています。

 

写真は、京都鉄道博物館にて

展示されていた、

日本初空気ばね台車KS50。

f:id:BMbitman:20190702183412j:plain

f:id:BMbitman:20190702183550j:plain

解説が、簡単かつ短すぎる?

 

「この空気ばね台車が

登場したことにより、

鉄道車両の乗り心地は

飛躍的に向上しました。」

 

「最初のKS50の空気ばね台車以後、

1万両以上も空気ばね搭載した車両が

登場していますが、

最初の1両はこの台車でございます。」

 

 

むちゃくちゃマニアックな

解説とストーリを書くことで、

マニアが喜ぶ博物館みたいなものが

できれば面白いかと思うのですが…

 

いろいろ構想を練っています…

 

高松の琴平電鉄も昔は、

たくさんの種類の旧型電車が

走っていたので、走る鉄道博物館

みたいなことになっていましたね。

 

京電も旧型車の種類が多いので

同じような、

走る旧型電車の博物館かな?

 

ネットで博物館にするにも、

見せ方や案内の仕方でずいぶん

変わるので、妄想と構想が

進みますね。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20190702記事作成。