架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る120...京電500系をモデルしたのは…

架空の鉄道、京電です。

 

写真は、京電500系501です。
f:id:BMbitman:20191011104534j:image
f:id:BMbitman:20191011104444j:image

京阪本線で両運転台の車両と

いえば、1300系がありましたが、

末期には、片方運転台撤去し、

両運転台で残っていませんでした。

その京阪1300系は、モデルより

少し大型車両なので、イメージが

ずれるので、能勢電320系小型車を

イメージすることにしました。

 

私が子供ころ、能勢電日生線

折返し運転にこの320系が使われて

いて、良く乗ったので、この車両を

イメージして制作する事に決めました。

 

この500系は、能勢電320系を

モデルにして、京阪仕様にしたら、

こうなりました。

 

写真は、能勢電320系、しかし、

京電500系と共通部分がほとんど

ありません。

 

イメージと実際は、全然違うものですね。
f:id:BMbitman:20191011104853j:image
f:id:BMbitman:20191011104915j:image

小型車両で両運転台の車両の

京阪仕様に構想し、500系は、

製造しました。

実際は、小田急1600系をタネ車に

制作しています。

友人の西神車輌工機製造。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

20191011記事制作。