架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電を語る126…2020年京電設備投資計画を考える。

架空の鉄道、京電です。

 

2020年京電設備投資計画、

主に冷房車を増備、増強の

方向で検討しています。

 

写真は冷房改造を検討中の

京電2000系1次車非冷房編成の

2001-2011、珍しく京電支線での運用。

f:id:BMbitman:20191101092049j:plain

京阪2600系中間車を譲受し、

京電2000系非冷房車を冷房改造後、

組成して2+2の現状から、

4両編成×2本に増強する計画です。

 

これにより、冷房化率40%

超えるようになり、夏場に

涼しさ増強になる予定です。

 

昭和の時代、私鉄各社では、

よく冷房化率という

言葉が出てきました。

 

現在のように、

冷房車両100%が、

当たり前の時代ではなく、

非冷房車(冷房のない車両)も当然、

第一戦で活躍しており、

冷房車が増えるにつれて、

ラッシュのみの活躍など、

脇役にまわり、

廃車や置き換えに

なっていくという流れです。

 

京電もまだまだ、非冷房車が、

第一戦で活躍しています。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20191107記事作成。