架空の鉄道③京電と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

京電支線③運転59...休日ダイヤ(臨時列車大増発)20200419

架空の鉄道、京電です。

 

本日は、コロナ問題無い時代を想定し、

通常の休日ダイヤで運行いたします。

 

今は、春のお出かけシーズン、

臨時列車大増発の時期でもあります。

 

予定していた、3月のダイヤ改正は、

中止になっているので、冬季ダイヤを

修正したダイヤで運行いたします。

 

ピーク時輸送は、

※京電本線(宝ヶ池~京電都市)普通15分間隔

京電全線(宝ヶ池~鞍馬温泉)区間特急30分間隔

京電全線(宝ヶ池~鞍馬温泉)特急くらま号30分間隔

(臨時列車で特急くらま号倍増運転)

京電全線(宝ヶ池~貴船口)臨時特急きぶね60分間隔

※今回の運転は、京電支線のみなので、

※印の分は、表現いたしません。

 

写真は、運行前の風景。f:id:BMbitman:20200419110519j:image

活気が出てきました!

観光客たくさん、列車大増発!

のほうが楽しい🎶

 

写真は、今朝の1番列車、

普通鞍馬温泉ゆき1202-1201

f:id:BMbitman:20200419111725j:plain

写真は、貴船口駅で離合する、

回送802-812(もみじ台駅で留置)

普通鞍馬温泉ゆき1202-1201

f:id:BMbitman:20200419112131j:plain

写真は、特急くらま号鞍馬温泉ゆき、

1702-1712(座席指定券が必要です。)

f:id:BMbitman:20200419112619j:plain

写真は、貴船口駅で離合する、

区間特急宝ヶ池ゆき1211-921

特急くらま号鞍馬温泉ゆき1702-1712

f:id:BMbitman:20200419112948j:plain

写真は、貴船口駅に到着した、

臨時特急きぶね号貴船口止まり、

午前中は、折返し宝ヶ池に

送り込み回送されます。

f:id:BMbitman:20200419113401j:plain

写真は、貴船口駅で離合する、

区間特急宝ヶ池ゆき1202-1201

特急くらま号鞍馬温泉ゆき1701-1711

f:id:BMbitman:20200419114032j:plain

どんどん列車がやってきます、

ダイヤが乱れて通常列車と

臨時列車で離合する場所が

異なって混乱しています。

 

京電支線は、全線単線なので、

ダイヤが乱れると、なかなか

復帰運転ができません。

(ダイヤが乱れても安全運転で!)

 

 

写真は、貴船口駅で離合する、

特急くらま号宝ヶ池ゆき1702-1712

区間特急鞍馬温泉ゆき1211-921

f:id:BMbitman:20200419114831j:plain

現在、稼働している編成、左から

区間特急    921-1211

特急くらま号  1711-1701

区間特急    1202-1201

特急くらま号  1702-1712

臨時特急きぶね号1521-1571

f:id:BMbitman:20200419115255j:plain

上記のほかに予備編成2編成が準備、

区間特急(普通)802-812

特急      621-671


写真は、貴船口駅で離合する、

特急くらま号宝ヶ池ゆき1701-1711

区間特急鞍馬温泉ゆき1202-1201

f:id:BMbitman:20200419150332j:plain

午後に入り、14時ぐらいから、

観光客の帰宅ラッシュが順次、

始まります。


写真は、貴船口駅にて離合する、

区間特急宝ヶ池ゆき1211-921

特急くらま号鞍馬温泉ゆき1702-1712

f:id:BMbitman:20200419151645j:plain

写真は、回送で上がってきて、折返し

貴船口駅始発の臨時特急きぶね号

1521-1571

f:id:BMbitman:20200419152117j:plain

写真は、観光時間帯を過ぎて、

通常運転の時間帯に、貴船口駅で離合する、

普通京電都市ゆき1202-1201

普通鞍馬温泉ゆき1211-921

f:id:BMbitman:20200419203905j:plain

やはり活気がないと駄目ですね。

(久しぶりの通常運転おもしろかった)


今回の模型運転は、本日で終了です。

(次回未定。)

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20200419記事作成。