京電の①鉄道②観光ブログ♪

鉄道の日常風景と観光体験の記録記事になっています。20210321から架空の鉄道、京電ブログから分離独立しました。

京電を語る③243...京電車輌の部品調達、購入。

f:id:BMbitman:20201217211844j:plain

架空の鉄道、京電です。

 

表題の写真は、401事業車、

京電車輌の工場入換時にも

使用されるときがあります。

(今回の記事に車両写真がないので)

 

今回は、京電車輌の部品調達、

購入でございます。

 

大阪日本橋鉄道模型の部品調達に

出かけました。

 

ジョーシンGMに訪問、

完成車両は、1両も買わず、

パーツばかり…

 

京電の車両制作のためのもの

なので台車など値上げ前に

購入しています。

 

GMの台車の定価が、400円から

順次、次回生産分から600円に

なっているので予備パーツで

購入しました。

f:id:BMbitman:20201220222648j:plain

6点で税込み3080円です。

f:id:BMbitman:20201220222612j:plain

12点で、税込み2530円です。

 

小物でも鉄道模型はお金がかかります。

 

車両を買って帰ると、

家に帰ってから眺めたり、走らせたりの

楽しみがあるのですが、パーツばかりだと

ただ買っただけになってしまいます。

 

世間では、近鉄ひのとりとか

買うのかもしれませんが、

私は、ひたすら京電一本でいっています。

 

南海や能勢電など、途中まで

手をつけて放置したものも

あるので来年は、

少しづつても手をつけていきたいと

思います。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20201220記事作成。