架空の鉄道「京電」と①鉄道②観光ブログ♪

①鉄道と②観光の体験ブログと③架空の鉄道、京電(模型の鉄道)の3つのブログを1つでまとめています。さらに①②③をカテゴリー分けして過去の記事を見やすくしています。柿ピーのように、柿の種もピーナッツもおいしいようなブログを目指しています。

鉄道の日常風景122…過去2017年の阪急3000系

いつもたくさんのご訪問、

ありがとうございます。

 

今回は、2年前の阪急3000系の

活躍を撮影した記録です。

 

写真は、今津北線西宮北口駅入線の

阪急3000系3082編成、20170419撮影。

f:id:BMbitman:20190811163351j:plain

f:id:BMbitman:20190811163355j:plain

写真は、宝塚駅停車中の阪急3000系、

3005編成、20170618撮影。

f:id:BMbitman:20190811163407j:plain

f:id:BMbitman:20190811163401j:plain

阪急3000系冷房改造後の特徴でもある、

ひし形パンタグラフのダブルパンタグラフ

f:id:BMbitman:20190811163418j:plain

阪急3000系、特徴のある台車FS345。

阪急の現役の車両の中でも少数派です。

f:id:BMbitman:20190811163411j:plain

2017年に撮影した阪急3000系、

しかし、いずれも廃車された

編成で現存しません。

 

2019年8月11日現在で阪急3000系は

伊丹線で活躍する4両編成1本しか

ありません。

3003-3551-3502-3054

 

いつまで活躍するのか?

わかりませんが注目ですね。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

20190811記事作成。